Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

九十九島KAI倶楽部

April 4, 2017

週末、月末、期末が重なった奇跡の金曜日!

色々と日々ありがとうございます&おつかれさまです(期末)という気持ちも込めて、Barbara Poolが色々と携わらせていただいている「九十九島の貝を楽しむ会」(通称、九十九島KAI倶楽部)を実施しました。

 

当日に長崎県・佐世保より届いた貝が、こちら。

 

じゃん!!!

 ぷりぷりの九十九島牡蠣や、サザエ、見たこともないほど美しい緋扇貝(ヒオウギ貝)など。

 

また、都内ではほとんど食べられない幻の食材がこちら。赤マテ貝です。

 

じゃじゃん!!!!

 

こんな棒状の貝、見たことない。。

 

形状もユニークなら、漁業風景もとってもユニーク。

 

また当日は、こちらも都内ではめったに飲めない 岩手県・遠野の地ビールも2ケース直送。

 

さて、気合い十分。

前日から買い出し・仕込みも終えて(七輪を新調しました)、いよいよ貝たちの調理に入ります。

「こ、これは・・・!」などとドキドキしながら貝たちを鍋に入れ込む、本日の料理人。

 

 

赤マテ貝は今回、200本(!)あるので、一部は炊き込みご飯にします。赤マテ貝を見るのも初めてなら、調理も初めて、炊き込みご飯はもっと初めて。

 

お箸でつついてみて、衝撃を受けるフードコーディネーター・蓮池氏。初めての食材に職人の血が騒ぐ!

 

 その他の料理はこんな感じ。

男の料理人が腕を振るった、豪華8品です。

・朝、築地で仕入れたぶりの「ぶり大根」

・豆腐とじゃこのサラダ(morisola向かいの100年続く美濃屋さんのお豆腐)

・いかのバターソテー

・赤マテ貝のバターソテー

・赤マテ貝のクラムチャウダー

・赤マテ貝の炊き込みご飯

・赤マテ貝の炭火焼

・牡蠣、サザエ、ヒオウギ貝3種の貝の蒸し焼き

 

 

 

赤マテ貝の炊き込みごはん、炊き上がり風景。

かつてないほどに豪華です・・・!

 

作りながらすでに飲んでおりましたが、改めてカンパーイ!!!

初めまして同士の方もいらっしゃいましたが、珍しい食材と美味しい料理に一瞬で打ち解け、あっという間の5時間でした。

 

肝心の貝たちのお味は・・・

信じられないほど味が濃く新鮮で、用意していたポン酢・レモンは誰も使いませんでした。また遠野の、香り高いホップの地ビールとの相性も抜群で、一同黙々といただき続けました。

 

ご参加のみなさま、ありがとうございました!!!

 

ちなみに弊社が仲良くさせていただいているフードコーディネーター・蓮池さんの新刊が出ておりますので、こちらもぜひ。

 

 いつも参考にさせていただいていますが、驚くほど簡単で美味。(これまでの料理はなんだったのだろうというぐらいに笑)

 

「水なし煮野菜レシピ」(著:蓮池陽子)詳細はこちら

 

Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索